児童・思春期精神科看護における看護実践能力自己評価尺度の開発~尺度原案の作成~ の調査結果を公表しました

平成29年度より文部科学省科学研究費助成事業 基盤(C)「児童・思春期精神科病棟における地域包括ケアの視点を取り入れた教育プログラムの開発」に取り組んでいます。この研究の一部として、児童・思春期精神科看護におけるコンピテンシーモデルを理論的背景とした児童・思春期精神科看護の特性を反映した看護実践能力の評価指標の開発を目指しています。

平成29年度は、児童・思春期精神科看護の経験を有する方へのコグニティブ・インタビューを行い、評価項目をリストアップし、回答への困難さを検討し、41項目の尺度(案)を作成しました。簡単な報告書を作成し、ホームページに掲載しました。

 

カテゴリー: 最近の活動
アーカイブ