児童・思春期精神科病棟の看護 基本のQ&A が新聞で紹介されました

平成22-24年度「児童・思春期精神科病棟における看護ガイドラインの開発」の研究成果が、新聞や雑誌の記事として取り上げられました。

  • 少し前のことになりますが、5月28日朝日新聞の朝刊(三重県版)で、「児童・思春期精神科看護 基本のQ&A」が紹介されました。興味を
    持ってくださった方がいらっしゃったことに感動と驚きの気持ちです。 児童・思春期精神科病棟に勤務する看護師さんへの取材もして頂き、実際にこのQ&Aを読まれた看護師さんのコメントも掲載されています。

 

 

  • 「児童・思春期精神科看護 基本のQ&A」のQestion(質問項目)を決める元になった調査の結果の一部を、2013年7月号の精神看護という医学書院が発行している雑誌に特集記事として紹介してます。

この調査は、児童・思春期精神科病棟に勤務している看護師を対象に、日頃の看護実践の中でどのような困難や疑問を感じているか、をアンケートで聞いたものです。この特集記事のタイトルは「児童・思春期精神科の看護 ここが大変!を整理してみました」です。

興味のある方は、ぜひお読みください。

医学書院のHPから購入できますhttp://www.igaku-shoin.co.jp/journalPortal.do?journalPortalId=689

カテゴリー: 最近の活動
アーカイブ