日本精神保健看護学会第23回学術集会で「事例で学ぶ児童・思春期精神科看護の基本」のワークショップを開催しました

梅雨時の6月16日(日)、京都で開催された日本精神保健看護学会第23回学術集会で、児童・思春期精神科看護の基本を、実際の事例を通して学ぼうというワークショップを実施しました。

42名の参加者があり、7つに分れて、グループワークをしました。各グループに約1名ずつ、児童・思春期精神科看護の経験のある方がいて、グループをリードしてくださった様子でした。

三重県立小児総合心療センターあすなろ学園の看護師さんから、児童・思春期病棟に入院した広汎性発達障害の男児の事例の紹介があり、グループでどのような働きかけが必要かを話し合いました。グループで話し合った内容はマジックで模造紙にまとめました。

そして、他のグループがまとめた模造紙を順に見て回り、「いいね!」と思ったところにゴールドシールを貼りました。ゴールドシールを貼る作業はとっても楽しかったです!

 

 

 

 

 

 

参加者42名のうち、34名が「児童・思春期精神科看護における学習ニーズに関する調査」にご協力下さいました。

その結果、参加者の現在の仕事は、看護師が6割強を占めており、次いで看護職養成機関の教員が3割でした。この企画への満足度については、とても満足したが21名(61.8%)、やや満足したが13名(38.2%)で、満足していないと回答した者はいませんでした。

参加者の方の声を一部ご紹介します。

  • 事例を用いて基本を理解する方法論はとても良かった。理解が深まった。
  • グループワークを通して、自分とは異なるキャリアのある方々の話をうかがえた。
  • 短い時間でしたが、児童・思春期の精神看護の一端を学ぶ機会、グループメンバーの意見を聞いてとても参考になった。
  • グループワークの時間がもう少し欲しかった。
  • 大人とは全くちがう対応、考え方があると知りました。
  • もっとディスカッションしたかったですね。

多様な背景をもつ参加者が共に学ぶことによって、他の参加者の意見による気づきが得られたようでした。参加者同士の意見交換が活発になされたことと、発達障害の子どもの看護を事例として取り上げたことが、参加者の高い満足度につながったと考えています。

一方で、グループワークの時間が足らなかったことは大きな反省点です。

今後も、児童・思春期精神科看護について学ぶ企画を、継続的に実施していきたいと思っています。

最後になりましたが、ご参加下さった皆さま、本当にありがとうございました。

カテゴリー: 最近の活動
アーカイブ