つながるコンパッションCAFE

社会とのつながりの中で、誰もが悩みや葛藤を感じる時があります。時には、“不登校”や“ひきこもり”等の社会的孤立を経験することもあります。また、孤立している人の助けになりたいと思っても、うまくいかないことがあります。

コンパッションとは、自分や他者への慈しみの気持ちを意味します。コンパッションを育むことは、どうしようもできない状況に直面したり、不安な気持ちになったりして、孤独を感じるときでも、希望を見失わないでいられることにつながります。

「つながるコンパッションCAFE 」は、不登校・ひきこもり等の社会的孤立を経験した人やそのご家族が、対等な関係で語り合い、お互いに学び合う中で、自他への慈しみを育むことをめざします。立場や役割を超えて、お互いに学び合い、変化し、成長する関係が広がったらどんな社会になるでしょう。誰かの問題を中心とした一方向の関係ではなく、主体と主体の関係の中でお互いに対する深い理解と新たな視点が生まれるような会話の可能性についても考えます。

新しい自分との出会い、他者との出会い、社会との出会いが生まれるかもしれません。

お茶とお菓子の持ち込み大歓迎。CAFÉ のような雰囲気の中で、語り合いましょう。皆さまのご参加をお待ちしております!

1. 日時 14:00~16:30

第1回 2024年4月22日(月)
第2回 2024年5月27日(月)
第3回 2024年6月24日(月)
第4回 2024年7月22日(月)
第5回 2024年8月26日(月)
第6回 2024年9月23日(月・祝)
第7回 2024年10月28日(月)
第8回 2024年11月25日(月)
第9回 2024年12月23日(月)
第10回 2025年1月27日(月)
第11回 2025年2月24日(月・祝)
第12回 2025年3月24日(月)

2. 場所

神戸市青少年会館
∗教室は現地案内版でご確認下さい。
(神戸市中央区東川崎町1丁目3-3 ハーバーセンター5階、
JR 神戸駅・阪神阪急高速神戸駅下車 徒歩5 分)

3. 内容

ファシリテーターの進行のもと、テーマに沿って自由に話し合います。
「聞くだけ」の参加もOK!

4. 参加者

15名程度
(不登校・ひきこもり等の社会的孤立を経験した方またはそのご家族)

 

5. 参加費

無料

6. お申し込み方法

  • お申し込み先は特定非営利活動法人 神戸オレンジの会です。
  • メール(kobe.orange@gmail.comまたは電話(078 515-8060)で、氏名・ご連絡先(電話番号・メールアドレス)・参加しようと思った理由をご連絡ください。
  • 各回、前月の開催日の翌日(火曜日)11 時より先着順で申し込みを受け付けます。
  • お申込み・キャンセルは、開催日前々日の土曜日18 時までにご連絡下さい。受付は、火~土の11 時~18 時にお願いします。

7. その他

1回だけの参加もOK です。
風邪症状のある場合は参加をご遠慮ください。マスクの着用をお願いする場合があります。また、感染症対策や自然災害によって、急遽中止となる可能性があります。中止・変更の連絡は、ホームページで告知します。


コンパッションって何?

コンパッション(C ompassionompassion)とは、自他の苦しみに気付き、その苦しみを軽くしたい、防ぎたいと願い、そのために何かしようとすることです。コンパッションには、苦しみや痛みに気づくことと、関与しようとすることの2つの要素があり、勇気知恵に支えられています。

コンパッションを育むことは、どうしようもできない状況に直面したり、不安な気持ちになったりして、孤独を感じるときでも、希望を見失わないでいられることにつながります。コンパッションは、私たち人間にもともと備わっているものです。一緒に、コンパッションの気持ちを豊かにしていきましょう。

3つのコンパッション

コンパッションが向けられる方向は、「自分から自分へ、自分から他者へ、他者から自分へ」の3つがあります。この3つが滞りなく流れていることが重要です。自分に対してコンパッションを向けることを、セルフ・コンパッションといいます。

主催

特定非営利活動法人神戸オレンジの会
特定非営利活動法人陽だまりの会
神戸市看護大学 船越明子
クッシーラ(アベクシーラ株式会社)

JSPS 科研費JP21H03272JP21H03272(研究代表者 神戸市看護大学 船越明子)の助成を受けて実施しています。


お知らせ

第15回つながるコンパッションCAFE

2023年6月26日(月)第15回つながるコンパッションCAFEがありました。今日のテーマは、「世界観」です。 どうしてそう思うようになったのか、という私たちの「ものの見方」について、二つの異なるストーリーを読み比べて考えました。コンパッションを意識して自分や誰かについて話してみると、違った世界が立ち現れるかもしれません。 コンパッションCAFEの2年目では、コンパッション・フォーカスト・セラピーの理論を基盤に、Intentional peer supportの考え方も取り入れて話し合っています。 会場のcafeには小さな砂場があるんですよ!

第14回つながるコンパッションCAFE

2023年5月26日(月)雨の中、第14回つながるコンパッションCAFEがありました。雨の日の開催は初めてかもしれません。雨の音を聞きながら、今日は「つながり」について考えました。 好きな食べ物や趣味などちょっとした共通点をきっかけに「つながり」はできるが、一方的に話をされたり期待されたりすると「つながり」は切れてしまう。「つながり」には、流れがあって、肌で感じ取ることができますよね。 つながりは、切れることもあるけど、回復することもできるんです。ただし、そのためにはちょっとした努力が必要。少しの努力は必要でも、人とつながることは、あなたにとって大切でしょうか?この質問の奥は深い! 今日は参加…

第13回つながるコンパッションCAFE:

2023年4月24日(月)第13回つながるコンパッションCAFEがありました。私たちは普段はcafeiiyoの「離れ」を使っているのですが、店内の写真を載せてみました。一般のお客さんは、店内でくつろいでいます。 さて、今日のテーマは、「支え合う」だったのですが、「支える」「合う」ってどういう意味だろう?「助け合う」と「分け合う」とは何が違うのか?と疑問を投げかけてくれる方もいました。 「支え合う」は、支えを受け取ってくれる人がいて初めて成立するという言葉を聞いて、妙に納得したり、「人に頼る、支えてもらうのは苦手」と感じる人に共感したりしました。 一方で、受け取らないことで、相手を傷つけないかと…

第12回つながるコンパッションカフェ

2023年3月20日(月)第12回つながるコンパッションCAFEがありました。ついに、つながるコンパッションCAFEを始めて一年が経ちました!最初は、「つながるコンパッション」の意味も分からなかったという感想も聞かれました。コンパッションは奥深い、だから、みんなで学びたいと思っています! 今日のテーマは、「アサーティブなコミュニケーション」です。自分の意見や考えを上手く伝えられなかったことはありませんか?例えば、お願いされたことを断る時、感謝の気持ちを伝えたい時、相手と自分の両方にコンパッションを向けることができたら、どんな会話になるでしょうか? 自分も相手も大切にするアサーティブなコミュニケ…

第11回つながるコンパッションカフェ

2023年2月27日(月)第11回つながるコンパッションCAFEがありました。2月末となり、春の訪れも感じます。 今日のテーマは、「他者へのコンパッションパート2」です。本当は大切な人なのに、素直になれなかったり、喧嘩してしまったりする人って誰にでもいると思います。そういった人たちを具体的にイメージして、コンパションを向けてみました。 上手くいっていない人にコンパッションを向けるのって意外に難しいですよね。でも、究極にはコンパッションで、「許し」なのだと思います。 また、コンパッションへの恐れや抵抗についても話し合いました。 「コンパションを向けることはしんどいことかもしれない、でも、そのしん…

第10回つながるコンパッションカフェ

2023年1月23日(月)第10回つながるコンパッションCAFEがありました。新年を迎えて最初のセッションだったので、チェックインでは「今年の目標」を共有しました。 今日のテーマは、「他者からのコンパッションを受け取る」です。「コンパッションに満ちた理想の他者」をイメージし、その理想の他者からコンパッションを受け取る瞑想をしました。 最後に、コンパッションを受け取れない時、について話し合いました。 イメージするのが難しい方もいましたが、自分を受け入れる自分を育てていくということは伝わったように思います。 ところおで、CAFEiiyoのポイントカードのスタンプが溜まりました。10スタンプで1杯無…

第9回つながるコンパッションCAFE: 安心と安全

2022年12月19日(月)第9回つながるコンパッションCAFEがありました。今年最後のコンパッションCAFEです。クリスマス寒波の到来で非常に寒い中、cafeiiyoのスタッフさんがお部屋を事前に暖めておいてくれました。感謝です。 チェックインで、「私の寒さ対策」を一言ずつ紹介したところ、ヒートテック、上下ダウン、ズボン下、運動をして暖める、足首ウォーマーなどのアイデアがでました。 さて、今日のテーマは「安心と安全」です。ひきこもり状態にあった人が、勇気をもって一歩を踏み出すためには、安全と安心の両方が必要です。安全は、安全基地としての家族や家庭、安心は脅威を感じた時に気持ちを落ち着かせられ…

第8回つながるコンパッションCAFE: 他者へのコンパッション

11月28日(月)第8回つながるコンパッションCAFEがありました。すっきしした秋晴れで、CAFEiiyoの離れの中に中庭からの陽が差し込んで温かい雰囲気になりました。 離れの入り口の黒板に毎回なぞなぞが書かれているのですが、今日はすぐに答えが分かりました! 今日のテーマは、「他者へのコンパッション」なのですが、他者へコンパッションを向ける準備として、「コンパッションに満ちた自己」をイメージする瞑想をしました。『コンパッションに満ちた自分なら、相手も自分も笑顔になれる関係がつくれそう』という意見もありましたが、『コンパッションを味わったことがないから分からない』という声も聞かれました。 コンパ…

第7回つながるコンパッションCAFE:セルフ・コンパッション

10月24日(月)第7回つながるコンパッションCAFEがありました。CAFEはハロウィンの飾り付けがされて賑やかです。 今日の参加者は6名だったので、テーブルを囲んで行いました。前回、コンパッションとは何かについて 話し合いました。今日は、自分へのコンパッションである「セルフ・コンパッションself-compassion」がテーマです。   It’s not your fault.  「あなたのせいではない」に気づく瞑想は、難しかった人もいたようです。 「自分ではどうすることもできない。」とは、思いたくない時、人は「自分のせい」にしたがるのかもしれません。「自分のせいでは…

第6回つながるコンパッションCAFE:コンパションとは

9月26日(月)第6回つながるコンパッションCAFEのご報告です。 CAFEiiyoの離れは、2間続きの和室です。テーブルもあるのですが、畳に座って話し合っています。   今日は、とても良いお天気で、少し暑かったです。写真の飲み物は、隠れメニューの「五色塚フロート」です。とても涼し気なドリンクですね。歩いて15分くらいのところに五色塚古墳があることが由来だそうです。 さて、今日は「コンパッション」の定義を紹介しました。そして、自分へのコンパッション、他者へのコンパッション、他者からのコンパッションについて考えました。「他者からのコンパッションは、なかなか受け取れない」という人もいれば…